私はゴルフのここが好き!

スポーツを今から調らべましょう

ゴルフボールは小鳥のように

ゴルフの用語に鳥の名前が多いのはなぜ?というウンチク話をよく聞きますが、いろいろな説があるようで、どれが本当なのかよく分かりません。バーディー(-1)、イーグル(-2)、アルバトロス(-3)のほかに、コンドル(-4)とかオーストリッチ(-5)などというのもあるのだそうです。
おそらく始めから系統立てて命名したわけではないのでしょうから、イーグルから先はより大きな鳥を当てはめていったのでしょう。最初に名付けられたのはバーディーでしょうが、これは鳥の種類ではなく小鳥といった意味合いです。なぜバーディーという用語が出来たのか、に諸説があるというわけです。ゴルフボールが鳥が巣に入るようにカップに入るから、とか、鳥の大きさや速さの順に名づけたとか、バーディーは鳥のように捕らえ難いものだからとか…当時の大統領の愛称にちなんでいるという説もあるようです。
ゴルフのような起源の古いスポーツの用語には、このような諸説ありというものもあったりして、面白いものです。

近頃良く聞くスポーツの参考になるネタはマイナーだけどこのサイトをブックマークしましょう